So-net無料ブログ作成
検索選択

鳳恵弥とは?鈴木砂羽の初舞台を降板!パワハラ稽古訴えるも批難殺到!なぜ? [芸能]

鈴木砂羽の初舞台「結婚の条件」が今月13日から公演されるのですが、もう少しとのとこで
トラブル発生!鳳恵弥と女優・牧野美千子が急に舞台を降板したというのだから大変だ。鳳恵弥は自身のブログで鈴木砂羽のパワハラ暴言などを訴えたが、鈴木さん側は否定。意見の食い違いがあり
ネットでは「鳳恵弥、プロ意識がない」「売名行為」など批難殺到!
ていうか、、鳳恵弥ってだれ??、、、鳳恵弥の経歴など調べて見ました!


スポンサーリンク





鳳恵弥のプロフィール 準ミスインターナショナル


芸名 鳳 恵弥(おおとり えみ)
性別 女性
生年月日1981/01/04
血液型A
出身地東京都
身長168cm
北区つかこうへい劇団13期生

2002年度 準ミス・インターナショナル日本代表。
出演作品:CM『明治生命』『KFC』『かもメール』、
NKH『ダンナ様はFBI』、テレビ朝日『遺品の声を聴く男2』、日本テレビ『毒~ポイズン~』
TBS『名もなき毒』、映画『振り子』、舞台『北区つかこうへい劇団「平壌から来た女刑事」』など
2013年にオープンしたよしもと幕張イオンモール劇場でのコラボレーション舞台でも活躍。
ウイキペディア引用

作品を見る限りだとパッとしないが、CMの出演を見ると「あーあの人か?」
といった感じでしょうか?

現在は、連続ショートドラマ≪あじさい≫に出演していて 
脚本家の江頭美智留が作詞に初挑戦した主題歌『手をつなごう』を歌っている様です。

鳳恵弥twitter



スポンサーリンク





「結婚の条件」鳳恵弥の降板の理由と鈴木砂羽の意見



鳳恵弥は降板の理由を自身のブログにて発表しています。

そこには、、、

プロデューサーの江頭美智留先生に頭を下げさせている姿、余りにも常軌を逸していて、言葉がありませんでした。


私たちは床に座ってダメ出しを受ける中、準備していたかのようにまた始まる罵倒


『私たちだけじゃなくてあちらにも』と他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました。


作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました。


鳳恵弥ブログ <お詫びとご報告>の全文はこちら

と、、砂羽さんのパワハラ稽古を訴えているのですが
文を読んでも支離滅裂というのでしょうか?
いったい一番何が言いたいのかわかりません。
「私は舞台をやりたっかたけど、砂羽さんのやり方が気に入らないので降板したい」
といったところでしょうか?

牧野さんとプロデューサーの江頭美智留先生のことを思ってのこと。
とも取られますが、、そこ以前にこの舞台を楽しみに待っていたお客さんは
二の次だったのかなと少々疑問に思います。

お客様に対しては、、
※チケット等の払い戻しについて
鳳恵弥、牧野美千子扱いでチケットをご購入下さった皆さま。
遠方よりお越しで既に交通や宿泊をご予約されてしまった皆さま。
お花や贈り物を既にご用意下さった皆さま。
キャンセルはもちろん、そのキャンセルにかかる費用に関しましては主催のクロックガールズさんがご対応下さるそうで御座いますので、croque-girls@excite.co.jp又は03-6886-4547までご連絡お願い申し上げます

うーーん。これしか方法はなかったのか?
ネットでの批判は
お金を返せば良いみたいな「プロ意識の欠如」が問題だったのではと思います。

また、土下座を強要されたとされるプロデューサーの江頭美智留先生は
この鳳恵弥さんの言い分を否定しています。

「私のスケジュール確認ミスにより2回目の通し稽古ができなくなったことが原因」と説明。江頭さんが謝罪したため2人も謝罪し鳳は床に正座した状態で頭を下げたといい「鈴木さんから土下座するようにとは決して言っておりません」と否定。罵声についても「全くありません」としている。
スポニチアネックス引用

と、全く鳳恵弥さんと言い分が違います、、。
それに、これが砂羽さんの言い分ではなく、罵倒されたとされる江頭美智留先生の意見ですのでね。
鳳恵弥さんが江頭さんをダシに使った?
どっちが正しいのかは当事者しか分からないことですし、今後また新たな情報が出てくるとは
思います。
が、この情報だけで判断するとすれば
「鳳恵弥さんがただ、本番までに稽古が間に合わず出れる状態ではなかっただなんでは?」
と、原因のすり替えをした感じに見れちゃいますよね。

以前、土屋アンナさんが舞台を降板して訴訟問題になった事件もありましたが
そちらとはまたちょっと違った感じかな。

ともあれ、この「結婚の条件」の舞台は、代役を立てて公演は続行する様です。
2回の稽古しかできなかったと鳳恵弥さんは訴えてますが
この代役の方々は、さらに短い稽古量になります、、。
このことを鳳恵弥さんはどう思っているのか?


13日初日を終えた鈴木砂羽さん


初の演出・主演舞台で超気合が入っていた砂羽さん。こんなことがあって不安な
幕開けとなってしまいが、初日は無事に終えることができたようです。
そして問題の鳳恵弥さんお2人の降板について語ってくれました。

「カーテンコールでちゃんと言うことを考えていたのに、顔を上げてお客さまがいっぱいいるのを見たら、急に泣けてきてしまって、うまいこと言えなかったのが残念です」と涙ながらに心境を吐露した

鈴木はこの日「土下座をさせたということは全くございません。ここではっきり主張させていただきますが、人道的に彼女の人格や尊厳ををめちゃくちゃにするような罵声を浴びせた事実はございません」と完全否定。また、2人の事務所が、鈴木が勝手に代役を決めていたと主張していることに関しても否定した。


降板した2人の所属事務所による主張について、虚言であると断言。事務所社長からは降板にあたり、舞台の中止か、鈴木によるパワハラでの降板だということを公式に発表するかの選択を迫られたことも明かした。その上で、今後の交渉で話がまとまらず、鈴木側への非難が治まらない場合は、法的措置を取る可能性も示唆した。
デイリースポーツ引用

舞台出演が決まり練習もやり、そして舞台目前に降板。これはいかなる場合でも
絶対にありえないことだと、色々な報道番組でも言われていました。
鳳恵弥さんの強行突破的なやり方は、今後ご自分の首を閉めるのではと思いました。


この記事のまとめ


「こんな問題をテレビで取り上げる自体おかしい」「舞台とはこう言うもの!パワハラだとか
言うならやっていけない」とどこかのコメンテーターさんが言っていました。
役者さんの世界はわかりませんが、やりたくて役者さんをやっている訳ですのでね。
好き嫌いを言っていたらやっていけないのかもしれません。

ぜひこの舞台大成功を納めて欲しいですね!

関連記事
結婚の条件 鳳恵弥の代役 KUMIは実力派セクシーポールダンサー! 


スポンサーリンク



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。